不動産

ある程度資金が出来たら不動産投資を考える

投稿日:5月 1, 2017 更新日:

ニーズを見極めるか、ニッチな需要を見つけるか

マンションや一軒家を購入し、それを貸し出して収入を得るのが基本的な不動産投資です。私自身はやったことありませんが、今や不動産業者だけではなく、個人でやっている方もたくさんいます。

マンションや一軒家を買うというとそんなお金ないと思いがちですが、サラリーマンであれば頭金として300万程度あれば、あとはローンで買える物件もあるみたいです。物件を手に入れるにあたっては、ローン返済額を上回る家賃収入があるのかとか、物権を手放すまでに使った額をすべて回収し利益が出せるのか、というような部分をしっかり計算して、儲かるのかどうかを精査する必要があります。

既に多くの人が参入している副業ですし、もちろん本業の不動産屋もライバルになるわけですから、ここで儲けを出すには、何か工夫や差別化する必要があるんじゃないかと思います。前に読んだ(→)の方はマンションではなく郊外の一軒家に目をつけ、自分でリフォームすることで成功しているようでした。ニーズをしっかり見極めてそれに答える物件であること、あるいはニッチな需要を満たせる唯一の物件のどちらかを手に入れることが重要になるのではないかと思います。

ニーズを見極めてそれに答える例で成功していたのが、少し前に流行ってた民泊です。ウェブサイト(Airbnb)を通じて、個人間で外国人観光客などへ宿を提供し宿泊料で儲けます。これを物件を購入せずに賃貸物件を何十件も契約し、宿泊料ー家賃の差額で儲けた猛者もいるようです。賃貸契約をするときに、また貸しをすることの許可を取れるとは考えづらいので、このやり方はちょっと微妙だと思いますが、民泊のニーズをいち早く察知して、流行する初期から手を出していた方々はかなり儲かったようです。今から民泊に手を出しても、ピーク時に比べて需要は減っているし、供給は増えているので、儲かるかはわかりません。不動産投資に限った話ではないですが、そのときの流行に乗り遅れずに儲けていくのも大事なことだと思いますので、普段の生活から常にアンテナは張っているようにしたいです。

 

始めるためにそれなりの資金が必要

儲かる物件を手に入れることが出来れば安定的で、比較的手のかからない収入源となってくれるのが不動産投資だと思っています。その代わり、始めるための条件は結構厳しく、特に初期費用の部分をクリアすることが多くの人にとって障害になるかもしれません。私は今は資金が500万程しかなく、一回やってみて失敗したら資金が尽きてしまう状態です。これでは手を出す条件を満たせているとは言えません。期待値の考え方的(→投機・ギャンブルで安定的に勝つ方法は不正を除いて一つしかない)にも一回失敗したら終わりという状態では、どんなにいい物件を見つけても手を出せません。私はまずは数千万の資金ができたら不動産投資を考えようと思っています。

 

スポンサードリンク



スポンサードリンク



-不動産

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

関連記事はありませんでした

スポンサードリンク



名前:そらりす
年齢:30歳
職業:社蓄
Twitter:@marigold936

たくさんの収入源(副業)を開拓し、自由で豊かな生活を手に入れようともがく社畜です。気になった副業は納得のいくまで調べること、可能な限りやってみることを心がけています。